人材採用の場面では採用面接を行う側も応募者もお互いを詳しく知るチャンスでもあるので、良い出会いをお互いに探すためにも人材採用に力を入れることはとても大切です。また楽しく働くことが出来たり、よりよい環境で働き続けるためにも人材採用は企業にとっても大切なものです。企業にとっては会社を成長させるためには必ず優秀な人材が必要で、ある程度の利益を得るためにも人材採用は欠かせないものです。わざわざ時間を作って来てくれた応募者一人ひとりを大切にして、面接担当者も気持ちを入れて面接することが大切です。強い口調や高圧的な態度には注意して、あくまでも誠実に応募者と向き合うようにします。採用側と応募者は対等な関係だということを忘れずに、相手の立場になって対応するようにします。

良い人材を確保するためのポイント

人材採用を始まるときには、まずどのような人物が必要なのかを考えます。求人広告などに条件や待遇などを記載するためにも、優先順位をつけて考えます。また新卒者なのか中途採用者なのかも考えて、ある程度の範囲を決めてから求人広告を作ります。応募者が会社のイメージを膨らませることが出来るのか、期待や希望を持てる内容なのかを考えます。給与や勤務時間は具体的な数字を記載するようにして、応募者がやりたいと思える内容にします。特に中小企業などは経営者と社員の距離が近いので、出来れば経営者の考えや信念などを盛り込むようにします。採用面接のときにも経営者が同席して、自分との相性を見極めることが大切です。他の社員がサポート役に回って、客観的に応募者をチェックするようにします。

採用面接のコツと素を引き出すやり方

人材採用の面接のなかで応募者が結論から話すことなく、長い話をしていても根気よく最後まで聞くようにします。採用面接をしているとよく遭遇する場面で、面接で緊張している応募者は自分の話に夢中になって話が長くなることがあります。応募者が結論から話さなかったり、その前段階から話し始めてしまっても話を止めずに、最後まで聞きます。本人がアピールしたいことや、その人の性格が分かるヒントが隠されていることもあるのでしっかり話を聞くことも大切です。間に質問を挟むなどして、リラックスしながら応募者が自分の言いたいことが言える雰囲気を作ります。人材採用の場面では相手に良く思われたいという気持ちが強くなるので、素の自分を出させない応募者もいます。面接する側がリラックスしながら応募者を受け入れることが出来ると応募者もリラックスすることができ、こちらが知りたい素の部分を出してくれます。