失敗しない人材採用を行うための方法

人材採用の面接では応募者の人となりを見極めるために、過去について質問をするようにします。進学や就職、転職などの節目についても細かく質問して、なぜその選択をしたのかを質問します。どういった経緯でそのような決断をしたのか、その結論にたどり着いた経緯を質問することでその人の本質も見極めることが出来ます。過去の行動や決断から何を大切にしているのか、どんな考え方を持っているのか、どのような行動をするのかが自然と分かってきます。また成功した出来事や失敗した出来事、苦しんだ経験などもその人の考え方や性格を見つけるポイントなので、質問に取り入れるようにします。変えることが出来ない過去について質問することで、その人の性格や考え方を知ることができ、判断材料の一つになります。

人材採用の面接では人となりを見極める

面接試験のときに応募者を見極めるためには、人となりを見抜くことが出来る質問をぶつけます。まずは過去についての質問をして、その人の本質や性格を見抜くようにします。応募者自身が話す未来の話は信用することが出来ないので、なるべく過去の話を探るようにしてその人の人となりや考え方を探るようにします。採用側が知りたいのは本人がやりたいこともそうなのですが、なぜそれを選んだのかです。それをやりたいと思って、そのためにはどのくらい頑張ってくれるのかを知りたいものです。企業側は採用で失敗はしたくないので、出来るだけリスクを減らすためにも過去の出来事についてひたすら質問するようにします。確信することが難しい未来の話をするよりも、絶対に変えることが出来ない過去の出来事を掘り下げます。嘘をつこうと思えば過去について嘘をつくことは出来ますが、深いところまで質問をすると矛盾点が出てきます。おかしいと思う部分が出てきたときには話をよく聞くようにして、注意することが大切です。

具体的なエピソードと応募者の良い所を探す

過去の出来事を質問するときには具体的なエピソードを引き出すためにも、具体的な内容を聞き出すことが大切です。就職活動の中でどのような業界を中心に回っているのか、その職種を希望する理由や専攻している学科を選んだ理由などを聞きます。自分の考えを持って行動することが出来る人物や、理由をはっきりと答えることが出来る応募者を選ぶようにします。また人材採用では応募者のダメなところばかりを探すのではなく、いいところを探すようにします。一度ダメなところを気にしてしまうと全てがダメに見えて来てしまうので、なかなか採用出来なくなってしまいます。面接官は応募者に合格を出すために面接をすることを忘れずに、応募者のいいところに目を向けるようにします。応募者はいろいろな企業の中から自社を選んでくれて、時間を割いて面接を受けに来ています。それなら応募者の良いところを探して、無理があると判断したときには不採用にします。

採用業務を可視化することで、滞りなくスムーズに採用活動をすることができます。 工数を大幅に減らせます。 Indeedから自社サイトに誘導することで応募者を増やします。 受付時間は平日の9:00~18:00になります。 採用管理の工程を一括管理できる機能になります。 お客様の契約コースなどサービスにより費用が異なります。 ページ更新はHTMLの知識があるだけで可能です。 人材採用ならHRソリューションズ